4月、5月と日本の梅雨も顔負けの雨が降りつづいた北イタリア。

 

6月に入って、いざ夏本番、と身構えているのに中々そうはならず、もう水無月も終わりになる。

 

昨晩もかなり激しい雨降りになった。

 

今日昼過ぎになっても、中庭に大きな水溜りが幾つも残っている。

 

イタリアの6月らしい日差しがかっと照りつけたのは数日だけ。あとは雨、また曇り、そして大小の降雨・・

 

おどろいたことに、僕は今年、菜園への水遣りをここまで3回か4回しかやっていない。

 

4月にはサラダ菜をはじめ多くの種まきをするが、今年は雨続きでできなかった。

 

5月になってようやく、こうしてはいられないと、雨を押して菜園に入った。

 

以後、気温は上がらないものの、野菜はそれなりに順調に育った。水遣りの必要もほとんどないまま。

 

僕は菜園にできるだけ多くの野菜を少量づつ作っている。

 

食べることもそうだが、多種類の野菜を作るのが楽しいのだ。

 

水遣りの仕事も、草取りも、楽しい。

 

今年はその水遣りの手間が省けている。

 

じゃ、楽しくないのかというと・・

やっぱ、楽しいに決まってんじゃン。

 

仕事が一つ減って・・・