【テレビ屋】なかそね則のイタリア通信

方程式【もしかして(日本+イタリ ア)÷2=理想郷?】の解読法を探しています。

2021イタリア政変

万死に値するレンツィ元首相は実はあるいは救世主かも

renzi-up醜笑


2020年、イタリアは自由主義社会で初めて新型コロナ地獄に陥り辛酸を舐めた。そこでイタリアを破滅から救い出したのが当時のジュゼッペ・コンテ首相だ。大学教授から突然宰相に抜擢された彼は、初めの頃こそ周囲の政治家連の操り人形と批判されたりした。

しかし2019年8月、連立政権の一角を成す極右の「同盟」が離脱を決めたとき、同党の強持てのサルビーニ党首を「ジコチューで無責任」と面前で厳しく批判して男を上げた。サルビーニ党首は、右派への支持率が高まったのを見て、極左の「五つ星運動」との連立を解消し、総選挙に持ち込んで右派連合の政権を樹立しようと画策したのだった。

半年後の2020年2月、イタリアは新型コロナの感染爆発に見舞われた。医療崩壊が起きて死者の山が築かれるなど、事態が制御不能に陥った。そこで全土ロックダウンという前代未聞の策を躊躇なく導入して、パンデミックに立ち向かったのがコンテ首相だった。

コンテ首相は、見習うべき手本のない暗闇の中で果敢に立ち上がり、国民に忍耐と連帯と分別ある行動を呼びかけ、過酷な全土封鎖策を受け入れさせた。阿鼻叫喚の恐怖の中で、国民は首相の誠実と熱意と勇気に鼓舞された。

しかし、パンデミックが依然として続く2021年1月、政界の「壊し屋」と異名されるマッテオ・レンツィ元首相が率いる小政党「イタリア・ヴィーヴァ」が、連立政権からの離脱を表明した。それはレンツィ元首相の独善による反乱だった。

コンテ内閣は一気に危機に陥った。レンツィ元首相は、EU(欧州連合)からイタリアに与えられるコロナ復興資金の使い道が不透明だとして、コンテ首相に詰め寄ったのである。彼の主張にはいろいろともっとっもらしい理由がつけられたが、要するにそれは「俺にも金を寄越せ」という我欲の表明に過ぎない、と批判された。

その批判は当たっていると思うが、同時にレンツィ元首相は、コンテ政権を支える極左の「五つ星運動」が、EUからの復興基金を思いのままに食いつぶすことを恐れた部分もあるのではないか、とも僕は推察する。

腐敗政治家や無能で古い諸制度を厳しく批判する「五つ星運動」の主張には、目覚ましいものもある。しかし彼らにはそれに代わる明確な案がほとんどない。あっても荒唐無稽なものが多い。復興資金を集票のためのバラ撒きに使う可能性も大いにあると思うのである。

それにしてもイタリアはー世界中の多くの国と同様にー依然としてパンデミックのまっただ中で呻吟している。コンテ首相の優れたリーダーシップによって、既述のように第1波時の最悪の状況は切り抜けたが、危機は決して終わってはいないのだ。

そんな中で政局を混乱に導いたレンツィ元首相には、多くの厳しい批判が浴びせられた。当然のことだ。

彼の反乱の真の目的は、存在感が薄らいでいく一方の党と自分自身に世間の耳目を集めて勢いを得たい、ということだと見られている。同時に元首相は恐らく、政治家としてはずぶの素人だったコンテ首相が、鮮やかな力量を発揮して国民の圧倒的な支持を集めている事実に嫉妬したのではないか、とも僕は考えている。

レンツィ元首相は、自信過剰で鼻持ちならない言動でも有名な政治家だ。34歳の若さで出身地のフィレンツェの市長に選ばれ、さらに当時イタリア最大の民主党の党首に抜擢された後、若干39歳で首相にまで上り詰めた。その輝かしい経歴が、彼の鼻をピノキオのそれの何十倍もの高さに押し上げてしまったようだ。

そんな人物には時節や社会状況や国民の動向など関係がない。彼が奉仕して然るべきそれらの要素は、レンツィ元首相にとってはむしろ逆に「自分のために存在するもの」になってしまっているのだろう。かくして彼は、時節などわきまえず、自己満足のためだけにコンテ第2次内閣を倒して、イタリアを政治危機の中に投げ込んだ。

しかしコンテ首相への議会の支持は強いものがあった。レンツィ・グループの反乱にもかかわらず、コンテ内閣はイタリア下院で絶対多数の信任を得た。しかし、下院と全く同等の権限を持つ上院では絶対多数ではなく、出席議員のうちの多数である単純多数での信任に留まった。絶対多数161に対して5票足りない156票だったのだ。

僅差での信任はコンテ内閣が少数与党に転落したことを意味する。それでは予算案などの重要法案を可決できなくなる可能性が高くなる。危機感を抱いたコンテ首相は1月26日、マタレッラ大統領に辞表を提出した。

その動きは予期されたものだった。大統領に辞表を提出し、けじめをつけた上で改めてその同じ大統領から組閣要請を受ける、というのがコンテ首相の狙いである。それはイタリアの政治システム下ではごく真っ当なプロセスだった。

辞任した首相が新たな上院議員の支持を取り付け第3次コンテ内閣を船出させる、というのは誰もが予想した展開だった。コロナ渦の緊急事態の最中では、それが最善の成り行きのように見えた。だが事態は急転回し、コンテ政権は崩壊してマリオ・ドラギ内閣が発足した。

我執にからめとられたレンツィ元首相の行為は許しがたいものだ。

しかし、少し引いて事態を眺めた場合、あるいは政変はイタリアのために良いことだったのではないか、とも僕は考える。なぜなら過激な主張の多い「五つ星運動」が、EU復興資金に目が眩んで破滅的な経済政策をゴリ押しし、コロナ禍で深く傷ついたイタリア経済をさらに痛めつける可能性が低くなったからだ。

コンテ首相は、コロナ第1波の地獄の最中には「五つ星運動」の強い支えもあって、ロックダウンという過酷な策を成功させた。しかし今後は経済の建て直しがイタリアの最大の課題になる。彼の政権が続いた場合コンテ首相は、政治経済ともに素人の「五つ星運動」に引きずられて大きな瑕疵を犯す可能性もあった。

従って経済の専門家であるマリオ・ドラギ氏に政権のバトンタッチが行われたのは、あるいは僥倖だったのかもしれないとも思う。そうすると、万死に値するとも見える大きな政治混乱を招いたレンツィ元首相は、巡りめぐってイタリアの救世主でもある、というややこしい結論にもなりかねないのである。



p>facebook:masanorinakasone










イタリア政治危機が行く~万死では足りない罪もある

則イラスト鼻毛up800を100




マタレッラ大統領の指示で連立交渉をしていたロベルト・フィーコ、イタリア下院議長の工作が行き詰まった。大統領は下院議長の報告を受けて今日(2月3日)、マリオ・ドラギ前欧州中央銀行(ECB)総裁を大統領府に招き会談する。大統領はドラギ氏に組閣要請をする可能性が高い。

実現すればイタリアお家芸のテクノクラート(実務者)内閣の誕生となる。同時にそれはイタリア政界の「壊し屋」レンツィ元首相の勝利とも言える。レンツィ元首相はコロナパンデミックでイタリアが呻吟する中、自らも所属するコンテ政権を崩壊させて政治危機を招いた。

レンツィ元首相はその上で第3次コンテ内閣の成立を阻み、自身が推すマリオ・ドラギ氏を首班とする政権の樹立に成功しそうな勢い。マタレッラ大統領とレンツィ元首相は近い。2人はひそかに連絡を取り合ったと推測できる。

魑魅魍魎が暗躍するイタリア政界は、パンデミックに苦しむ国民をそっちのけでパワーゲームにまい進した。結果、魑魅魍魎中の最悪人・レンツィ元首相が勝利しそうだ。

レンツィ氏が勝った場合のわずかな安らぎは、極左ポピュリスト五つ星運動の影響が、おそらくかなり削がれるであろうことである。

ドラギ内閣が誕生しなければ、総選挙になる可能性もある。総選挙になれば、コロナ禍の中でのさらなる混乱と酸鼻が必至。レンツィ元首相はどう責任を取るのだろうか。

日本語の「万死に値する(中国語源)」とは、一度だけではなく何度も死んでも(殺しても)償えないほどに罪が重い、という恐ろしい表現である。

事態がどこに落ち着こうとも、レンツィ元首相にはその言葉を彼の陰惨な権謀術数への贈り物として捧げたい。


facebook:masanorinakasone












イタリア政治危機が行く~イタリア首相が辞任、大統領が政局の主役に

則イラスト鼻毛up800を100




2021年1月26日、イタリアのコンテ首相が辞任。マタレッラ大統領に辞表を提出して政局の行く末を大統領にゆだねた。

マタレッラ大統領は今後全ての政党と協議して、

①コンテ(前)首相に議会多数工作を促し再び組閣するように要請する。

②全政党に呼びかけて挙国一致のテクノクラート(実務者)政権を樹立する。
※首相は話し合いで決定。場合によってはマタレッラ大統領自身が兼務することもある。

③議会を解散して総選挙を行う。

という、3つの可能性を目指すことになる。

イタリア大統領は普段は実権のない儀礼的な存在だが、今回のような政治不安が起きた時には強い権限を持つ。

今後数日、状況次第でははるかに長く、イタリアの命運は大統領に託される。

イタリアでは上院と下院が全く同等の権限を持つために政権が安定しない。その上に今回のような危機にあたっては、大統領が絶対の力を与えられる。

いわば三すくみの権力構造がイタリアの政治の特徴である。この奇妙な形は、権力を一箇所に集中することでファシズムの台頭を許した過去への反省から生まれた。

権力を分散してファシズムや独裁を回避しようというわけである。だが皮肉なことにその体制は頻繁に政治不安をもたらす。

政治不安の実際は、力が拮抗する上下両院によっていて、大統領はむしろ混乱の調停役になるのだが、制度上の第3勢力である大統領の大きな権限も一筋縄ではいかない。

今回の政治危機は、壊し屋の異名を持つマテオ・レンツィ元首相の我欲一つによってもたらされた。EUからの巨大なコロナ救済金に目がくらんだ元首相が、連立政権を「壊して」しまったのだ。

政治に駆け引きは付きものである。一国の権力の周囲では、駆け引きは権力を握る者の横暴を抑える働きをすることもある。

だが現在イタリアは、コロナパンデミックの脅威にさらされて呻吟している最中だ。そこに大きな政治混乱を持ち込んだレンツィ元首相の罪は重い。




facebook:masanorinakasone











不覚人たちの不覚

則イラスト鼻毛up800を100

イタリア下院では18日、コンテ内閣の信任投票が行われた。レンツィ元首相が主導する小政党「Italia Viva イタリア・ヴィヴァ」が連立政権から離脱したのが混乱の原因。

下院では賛成321、反対259で内閣は信任された。だが19日の上院では絶対多数を獲得しての信任は厳しい見通し。

イタリアでは一方的に連立政権を離脱したレンツィ元首相への反感とともに、中国寄りの反体制政党「五つ星運動」に親和的なコンテ首相への不信感も少なからずある。

上院議員のうちには、昨年の新型コロナ第1波の危機を乗り切ったコンテ首相を賞賛しつつも、中国と親しい左派ポピュリストを頼る姿勢を善しとせずに反対票を投じる者も出ると見られている。

政治アナリストによる分析等では、上院で絶対多数に届かなくてもコンテ内閣の信任投票は可決される可能性が高い。

「Italia Viva イタリア・ヴィヴァ」所属の上院議員は、信任投票では棄権に回る方針。そのため他の欠席議員数などを含めれば、絶対多数よりは少ない単純多数には届くと見られる。

単純多数で信任された場合、コンテ首相は「少数与党政権」を率いることになる。その形はイタリアでは珍しくない。が、新型コロナパンデミックの中では異様に厳しい政権運営になることが確実だ。

なぜならイタリアでは、予算案などの重要法案は絶対多数での可決が法律で義務付けられている。それらの可決の度に絶対多数工作をしなければならないのは政権にとって大きな苦痛だ。

上下両院が同等の力を持つイタリアの政治システムではなおさら厳しい。コンテ内閣を「壊し」つつあるレンツィ元首相は2016年、上院の力を削ぐか否かの国民投票に敗れて下野した。

レンツィ元首相は上院の権限を縮小することを強く主張した。上院の力を大幅に弱めることには、当の上院議員以外の全てのイタリア人が賛成している、と言われるほどそのシステムは長く問題視されてきた。

レンツィ元首相は真っ当な考えを推し進めながら当時大きな間違いを犯した。いつもの唯我独尊体質のために自らを過信し、「私を取るか、否か」という言い方で国民投票のキャンペーンを張って、思いきりコケた

思い上がったキャンペーンの文句に国民は反発し、彼に対抗する政治勢力は国民の憤懣をうまく利用して、国民投票をあたかも「レンツィ信任投票」のように仕向けた。

そうやって必ず卑小化されると見えた上院は強権体質のまま存続し、レンツィ首相は辞任した。レンツィ首相は上院改革に失敗したことと連立政権から離脱したことで、コンテ首相を2重に貶めていると見ることもできる。

コンテ首相が拠って立つ「五つ星運動」は、現金バラまき策のベーシックインカム制をゴリ押し成立させたり、中国との連帯を強く主張するなど、過激左派的な不穏な勢力だ。従って僕は彼らを支持しない。

だが今は、パンデミックが猖獗を極めている非常事態だ。そんな時に我欲に目がくらんで政権を瓦解させようとするレンツィ元首相一派の動きは言語道断だ。

コロナ危機のただ中でイタリアが政治不安に陥るようなら―それがイタリアのお家芸とはいうものの―レンツィ元首相は、議会議事堂の襲撃教唆で「万死に値する」ほどの不名誉にまみれて退任するトランプ大統領と同じ不覚人である。



facebook:masanorinakasone







パンデミックよりもパンデミックなイタリア・レンツィ元首相


実写ピノキオ切り取り


マッテオ・レンツィ元首相が、支持率3%以下の自身の極小政党「Italia Viva」を連立政権から引き離した。コンテ内閣は一気に崩壊の危機にさらされた。

このままコンテ政権が倒れるなら、レンツィ元首相は進行中の新型コロナパンデミックよりも悪質なイタリアのパンデミックとして歴史に名を刻むことになるかもしれない。

レンツィ元首相の反乱の動機は、EU(欧州連合)からイタリアに贈られる莫大な新型コロナ復興資金の使い道に対する不満。

いろいろもっともらしい言い分があるが、結局彼の真意を翻訳すると⇒【俺にも分け前を寄越せ】あたりである。

レンツィ元首相は、若くしてイタリア政界にデビュー。彗星の勢いで首相にまで上り詰めた。頭の回転が速く弁舌が得意なところが新鮮に見えた。

ほどなくして、回転の速い頭はジコチューな発想をもたらすだけの機能に過ぎず、能弁は巧言令色以外の何ものでもないことが判明。

それらの残念な能力はさらに悪いことに、彼に傲岸という風体も付け加えた。

僕はかつて彼を評価し将来に期待した。多くの不誠意で老体の政治家が跳梁跋扈するイタリアでは、若いという事実だけでも貴重に見えた。

レンツィ元首相はEU(欧州連合)信奉者でもある。EUは欧州の国々の融和と、その結果としての経済的メリットの顕現という意味でも重要だ。

さらに独裁勢力の中国やロシア、また狂犬的な米トランプ主義とそれに連なる政権等に対抗する総合力としても見逃せない。

加えてEUは―少なくない問題を抱えつつも―これまでのところは究極の「戦争回避装置」という重要な役割も十分に果たしている。僕はEUを強く支持するが、レンツィ元首相には失望しか感じない。

レンツィ元首相は2016年12月の憲法改正を問う国民投票で、「私を取るか、私を失うか」という尊大なキャッチフレーズをかかげて戦って大敗。権力の座から引き摺り下ろされた。

彼はそれでも懲りず、民主党の党首になってからもいかにも彼らしいさまざまな権謀術数を展開。陰湿な動きはイタリア政局を揺らし続け、彼は「壊し屋」と異名された。

「壊し屋」は政界の多くのシステムや関係やルールを壊し続け、ついには彼自身が所属する民主党さえも壊して、追随する少数の国会議員を率いて極小政党「Italia Viva」を結成した。

レンツィ元首相は今回、その極小政党「Italia Viva」を道具にして、存在意義を見せたい、落ち目の党勢を拡大したい、などの強い我欲に駆られて「俺の言うことを聞かなければ連立の枠組みを抜ける」とコンテ首相を脅した。

そして脅しが効かないことを悟ると、すぐさま自らも寄って立つコンテ連立政権を「壊し」にかかったのである。そこにはレンツィ氏らしい邪悪且つ狡猾な駆け引きだけが透けて見える。

イタリアは依然としてコロナ危機のまっただ中にある。そして危機を乗り越えるにはジコチューな主張が多い従来の政治家ではなく、敵を作らずバランス感覚に優れ且つ誠実なコンテ首相が最適だ。

そのことは昨年3月から5月にかけてのコロナ地獄のまっただ中で十分以上に証明された。

大学教授から突然内閣首班に抜擢されたコンテ首相は、最初の頃こそ周囲の政治家連の操り人形と批判された。だが間もなく彼は有能なリーダーであることが明らかになっていった。

狡猾な既成政治家らをうまくかわし、また別のときには彼らを適切にまとめて政権を運営した。そのコンテ首相の武器は、敵を作らない温厚とバランス感覚と、国民に愛される誠実さだった。

やがてコロナパンデミックが起こった。コンテ首相の政治手腕は、世界最悪のコロナ地獄の中で最も良く発揮された。

首相は阿鼻叫喚のコロナ修羅場の底で、テレビを通して文字通り連日連夜、団結と我慢と分別ある行動を、と国民に語りかけ訴え続けた。

全土ロックダウンの呪縛の中、恐怖と不安にわしづかみにされながらテレビ画面で彼の演説を見、聞く人々は、その誠心に説得され共感し勇気付けられていった。

第1波の過酷なロックダウンでは、法律や規則や国の縛りが大嫌いな自由奔放なイタリア国民の、なんと96%もが施策を支持した。

それ以外には当時のイタリア国民には選択肢がなかったこともある。だが、過酷な政策への異様なほどに高い支持率は、コンテ首相の類い稀な意思伝達能力と誠実と情熱によって成就されたものだった。

特に重要なのは首相の誠実さである。彼の言動にはうそ偽りのない誠情があふれているため国民の信頼を集め、その度合いは日々大きくなっていった。

レンツィ元首相にはコンテ首相にある清廉正直な資質が全く感じられない。あるのは自己中心的な能弁と政治的駆け引きだけだ。

稀代の策略家であるレンツィ元首相は、彼と彼の政党が、三角波の渦巻くイタリア政局の藻屑となって消えるかもしれない瀬戸際で、ぎりぎりの政治ゲームを仕掛けている。

だがイタリアは、今この時も新型コロナ危機のまっただ中にいる。そしてコンテ首相は、世界最悪のコロナ第1波の地獄を先導し克服した立役者だ。

少なくともパンデミックが終わるまでは、国民の信頼が厚いコンテ首相が政権を担うべきではないか。

レンツィ元首相は論外だが、この国の他の政治家らにも、未曾有のコロナ危機を切り抜ける力量と勇気、そして何よりも人としてのまた政治家としての誠実さがあるとは全く思えない。



facebook:masanorinakasone







レンツィさんの狼藉の気配がうとましい



則イラスト鼻毛up800を100


イタリア政局はコロナ禍もなんのその、風雲急を告げるいつもの化かし合いが進行中。

壊し屋」のレンツィ元首相が、EUからの莫大な補助金の分け前に与ろうとして、良い人の振りでコンテ首相に詰め寄っているのだ。

分け前を寄こさなければ、彼の小政党「Italia Viva イタリア・ヴィーヴァ」を連立政権から引き上げてコンテ内閣を倒す、と息巻いている。

政治家素人のコンテ首相は、就任したての頃こそ連立政権の2人の首謀者、五つ星運動ディマイオ及び同盟のサルビーニ両党首の操り人形と揶揄された。

だが、イタリアが世界最悪のコロナ地獄に陥った際、素晴らしいリーダーシップを発揮して国民に絶賛され、一気に有能な政治家へと変身した。

一方レンツィ元首相は、彼の政権の初めの頃こそ弁舌の巧みさと若さで国民の期待を集めた

だが、彼の能弁は巧言令色の類いで、権謀術数の塊のような政治家であることが国民にバレて政権の座を追われた

イタリアのコロナ惨禍は依然として治まらない。治まるどころかどん底の盛りである。

レンツィ元首相にはぜひ得意の雄弁と巧言また傲岸を控えて、一度はイタリア国民のために働いてほしい。

どうやって?

新型コロナが終息するまでは、コンテ首相を支えてもらいたい。

支えなくてもいいから、せめてコンテ首相を「壊す」ようないつものジコチューな無法行為を慎んでほしい。

コンテ首相を惜しんで言うのではない。

凄惨なコロナ地獄からイタリアを救えるのは、レンツィさんをはじめとする政界の魑魅魍魎ではなく、誠実な政治素人のコンテ首相しかいないからだ。

なぜそれが分かるかって?

だって昨年2月から5月にかけてのロックダウン中にイタリアを救ったのは、魑魅魍魎ではなくコンテ首相だったではないか。



facebook:masanorinakasone








記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

なかそね則

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ