【テレビ屋】なかそね則のイタリア通信

方程式【もしかして(日本+イタリ ア)÷2=理想郷?】の解読法を探しています。

コロナワクチン

もっと吼えよ、マクロン!

白黒macron切り取り拡大650

フランスのマクロン大統領が、国内にいる500万人余りの反ワクチン派の市民に向かって、「くそくらえ」という強い言葉を使って怒りを投げつけた。

大統領にもあるまじき言葉遣い、として驚く人、呆れる人、怒る人、批判する人が続出した。

同時に拍手喝采する人、も多くいた。申し訳ないが僕もそのうちのひとりである。

とても笑ったのは、普段は政敵や反対者や弱者を口汚くののしるのが得意な極右の政治家が、「大統領はそんなことを言うべきではない」と善人面で発言したこと。

さらに「下卑た表現をする彼は職責に値しない」 とまるで自身が聖人でもあるかのように続けた。恥知らずなコメントだ。

「くそくらえ」という言葉は自らが言う分には構わないが、マクロン大統領が言ってはならない、ということらしい。

フランス大統領ともあろう者が、公の場で「くそくらえ」などという表現をするのはむろん好ましくはない。

言葉使いに細心の注意を払うのも一国のリーダーたる者の心得だ。

だが、彼は敢えて強い言葉を使って注意を喚起しようとした、とも取れる。

コロナパンデミックで危機に陥っている世の中が、ワクチンの接種を拒む愚者の群れに圧されて、さらに崖っぷちに追い込まれている。

マクロン大統領はそのことを踏まえて、反ワクチン派の国民に心を入れ替えて接種しろ、と忠告しただけかもしれない。

だが一方では、もっと違う意味も込めたのかもしれない。

反ワクチン族は欧米の極右勢力と親和的であることが明らかになっている。

つまりトランプ主義者やフランスの国民連合やドイツのための選択肢、ここイタリアの同盟とイタリアの同胞などが彼らの味方である。

それらの政治勢力は、将来政権を担うようなことがあれば、ファシズムやナチズムに走りかねない危険を秘めている。

トランプ政権を見れば明らかだ。選挙に負けたトランプさんの支持者が、民主主義の牙城であるキャピトルヒルに乱入した事件などは、その危険の顕現だ。

マクロン大統領は、退陣したメルケル首相やバイデン大統領またここイタリアのドラギ首相などとともに、それらの右派勢力に対抗するグローバルな力である。

「くそくらえ」などという言葉を安易に口に出す軽さは少しいただけないかもしれないが、フランスがマリー・ルペン氏やエリック・ゼムール氏 に率いられる悪夢を阻止するためには、ぜひとも必要な人材だ。

彼はまた、足元がおぼつかないバイデン大統領に代わって、トランプさんがアメリカを再び支配するかもしれない阿鼻叫喚の暁には、彼に対抗できるほどんど唯一の担保でもある。

なにしろメルケルさんがいなくなったドイツの舵を取るショルツ首相が、どれほどの力のある政治家かどうかまだ全く分からないのだから。

「くそくらえ」という言葉が、マクロン大統領のエリート意識、あるいは体制側の思い上がりから出た不用意な失言ではなく、反ワクチン族への明確な対抗意識に基づく確信犯的な発言だと信じたい。

もし彼がそれを確信犯的に公言したのであれば、それは反ワクチン頑民への単なる警告ではなく、ことし4月の仏大統領選を見据えての極右候補への宣戦布告、と取れなくもないのである。

ほんの少し深読みをすれば、の話だけれど。



facebook:masanorinakasone








イタリア、50歳以上のワクチン接種義務化は必然の道程

霧の道照背中800

イタリア政府は15日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、50歳以上を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けると発表した。

215日から適用する。

イタリアでも感染力の強いオミクロン型が猛威を振るっていて、新規感染者数は過去最多を連日更新している。

16日の新規感染者数も219441人とやはり過去最多を更新した。

イタリアではワクチン接種人口の80%以上がすでに必要回数を接種している。だが、接種を拒否する者も相当数存在し、接種率は頭打ち状態だ。

イタリア政府はすでに、医療従事者や教師また警察官や兵士などに接種を義務づけている。

また2月からは接種を証明する「グリーンパス」の有効期限を9カ月から6カ月に短縮する。次々と厳しい対策を打ち出しているのである。

イタリアはパンデミックが世界を席巻した当初、手本にするものが皆無の絶望的な状況の中で、医療崩壊にまで陥る地獄を味わった。

恐怖が国中を支配した。

イタリアは当時、世界初の、前代未聞の全土ロックダウンを導入してなんとか危機を乗り切った。

地獄の教訓が身にしみているイタリアは、その後も世界初や欧州初という枕詞が付く施策次々に打ち出してパンミックと対峙している。

イタリア政府が過酷な対策を取り続けるのは、いま触れたように恐怖の記憶が肺腑に染み入っているからだ。

だがそれだけではない。

厳しい対策を取らなければ、規則や法やお上の縛りが大嫌いな自由奔放な国民は、コロナの予防策などそっちのけで勝手気ままに振舞う可能性が高い。

もしもパンデミックの初期に手痛い打撃を経験していなかったなら、イタリアは今頃は、欧州どころか世界でも感染予防策がうまく作動しない最悪の社会だったかもしれない。

イタリアが2020年の3月~5月に、世界最悪のコロナ地獄に陥ったのは、誤解を恐れずに言えば「不幸中の幸い」ともいうべき僥倖だったのである。

イタリア共和国の最大の美点は多様性である。多様性は平時には独創性とほぼ同義語であり、カラフルな行動様式や思考様式や文化の源となる。

だがパンデミックのような非常時には、人々が自己主張を繰り返してまとまりがなくなり、分断とカオスと利己主義が渦巻いて危機が深まることがある

今がまさにそんな危険な時間だ。

その象徴が反ワクチン過激派のNoVaxと、彼らに追随する接種拒否の愚民の存在である。

イタリアには、ワクチンの影も形もなかった2020年、絶望の中で死んでいった多くのコロナ犠牲者と、彼らに寄り添い命を落としたおびただしい数の医療従事者がいる。

またワクチンが存在する現在は、健康上の理由からワクチンを打ちたくても叶わない不運な人々がいる。

「個人の自由」を言い訳にワクチンの接種を拒む住民は、それらの不幸な人々を侮辱し唾を吐きかけているのも同然だ。

その上彼らは、コロナに感染して病院に運び込まれ、集中医療室はいうまでもなく一般病棟の多くまで占拠している。挙句には自らを治療する医師や看護師に罵詈雑言を浴びせる始末だ。

彼らは他国の同種の人々よりも、「イタリアらしく」自己主張が強い分、危機を深刻化させている。

イタリア政府はついにそれらの危険分子の退治に乗り出した。

それがワクチン接種の義務化である。

50歳以上の市民に接種を義務化したのは快挙だが、それだけではおそらく十分ではない。年齢に関係なくワクチン接種を義務化するのがイタリア政府の最終的な狙いだろう。

だがその政策は、千姿万態、支離滅裂な主張が交錯するイタリア政界によって阻止され、混乱し、紛糾して中々実現しないと思う。

イタリア以外の多くの国、特に欧州内の国々がワクチン接種を義務化しない限り、イタリアの完全義務化は成就しないに違いない。

幸いギリシャは60歳以上の市民にワクチン接種を義務化した。また、オーストリアやドイツは、2月以降に一般国民に義務化していく予定だ。

感染拡大が続けばその他の国々もワクチン接種の義務化に踏み切るだろう。

イタリアは今後も、他国の動きを監視しつつ他国よりも強い規制策を導入し、且つ究極には-繰り返しになるが-ワクチン接種の完全義務化を模索するのではないか。

イタリア共和国の最大の強みである多様性は、社会全体の健勝とゆとりと平穏によってのみ担保される。

コロナパンデミックの危機の中では、反ワクチン人種のジコチューな自由許されるべきではない。

50歳以上の市民へのワクチン接種の義務化は、イタリアの多様性への抑圧ではなく、多様性を死守するための、必要不可欠な施策の第一歩に過ぎない。



facebook:masanorinakasone






紅白を見、ザンポーネを食べ、反ワクチン頑民を忌む年末年始

紅白ドーモ君650

イタリアでは反ワクチン過激派、NoVax(ノーワックス)のキツネ憑きの皆さんが騒ぎ続けている。

またこの期に及んでも、ワクチン懐疑論から抜け出せない愚者の群れも数が減る様子がない。

自らの行為が社会全体を危機に陥れていることに気づかないか、気づかない振りをしているそれら「こけの一念人士」への嫌悪感を募らせて、腹を立てても空しい。

それなので、もはや反社会的勢力とさえ形容される頑民の退治は国家権力にでも任せておいて、僕は年末から年始にかけて何も考えずにのんびりと時間を過ごした。

クリスマスは少し繰り上げて、息子2人とその家族またパートナーらを迎えて祝った。今回は僕は刺身を用意しただけで、メインの料理のあれこれは妻が担当した。

その後の年末と年始には、僕の要望にこたえてザンポーネがふんだんに食卓に並んだ。ザンポーネは、中味を刳りぬいた豚足に、味付けをした豚肉のミンチを詰めたソーセージ。

なぜか日本では不味いという評判があるらしい。だが、不味いものを食の国イタリアのグルメな国民が有難がって食べるはずがない。

少し立ち止まって頭をひねってみれば、文字通り立ち所に分かるはずのコンセプトではないか。

不味いと言い出した日本人の感覚がおかしいのである。あるいは豚足の見た目に意識を引きずられたのだろうか。

ザンポーネはきわめて美味なイタメシのひとつである。

zampone-e-lenticchie650

ただザンポーネは脂っこくカロリーも高い食べ物だ。主に寒い北イタリアで、冬に食べられるのもそれが理由だ。

健康志向が強い時代にはウケない場合もあるかもしれない。

しかしそんなことを気にして敬遠するのは馬鹿げている。ザンポーネは毎日食べるものではない。たまに食べてその濃厚な味と内容と食感とを楽しまないのは損だ。

閑話休題

のんびり食を楽しむついでに、大晦日にはNHK紅白歌合戦も見た。

いつものように録画をしながら、従って見逃すことがないため安心して、そこかしこでテレビの前を離れて雑事をこなしながら、である

最終的には、全体の3分の2ほどを録画で見る結果になった。その際には歌以外の場面をひんぱんに早送りしながら楽しんだ。

日本の今の音楽シーンをほとんど知らない僕は、大晦日の紅白歌合戦を介して今年のヒット曲や流行歌を知る、ということが多い。

というか、最近はそれが楽しみで長丁場の紅白を見る、と言っても過言ではない。

ことしも「ほう」とうなる歌手と歌に出会った。列挙すると:

ミレイ:Fly High   あいみょん:愛を知るまでは  Yoasobi:群青 の3アーチストが素晴らしかった。 

また藤井風も良かったが、2曲歌ったうちの2曲目が少し雰囲気を壊したと感じた。だが彼も優れたミュージシャンであることには変わりない。

新しい才能との出会いはいつもながら楽しい。だが、数少ないそれらのアーチストを知るために、4時間以上もテレビの前に「座らされる」のは苦痛だ。

紅白はやはり、がらりと趣向を変えて尺を短くし、過去にとらわれない全く新しい歌番組として出直すほうがいい、と思う。

僕は以前からそう強く感じ主張しているが、ことしもやはりその思いを強くした。

多様性が力を持つ時代に、国民誰もが一緒に楽しめる歌番組などあるはずがない。

NHKは幻想を捨てて、たとえば若者向けの新しい歌と、中高年者向けの演歌&歌謡曲とを分けるなど、構成を立て直すべきだ。

歌が好きな若者は、新しい歌に続いて、演歌&歌謡曲も必ず自主的に見、聞くだろう。

一方では歌が好きな中高年も、演歌&歌謡曲に加えて、新しい歌も自主的に見、聞くに違いない

だがいうまでもなく、演歌&歌謡曲が苦手な若者も新しい歌が嫌いな中高年もいる。

それらの視聴者は、それぞれが好きではないジャンルの楽曲が流れる間は顔を背けるだろう。

それでいいのである。

なぜなら顔を背ける人々は、中途半端な中身の番組をむりやり長時間見せられて、テレビの前から逃げてしまう人々よりも、おそらく数が少ないと考えられるからである。

再びなぜなら、テレビの前に座って紅白にチャンネルを合わせた人々は、多くが紅白好きだからである。

つまり、逃げる人々は、紅白が始まる以前にすでに逃げているのであって、そこには座っていない、と思うのである。





facebook:masanorinakasone





反ワクチン市民への弾圧の可能性

則イラスト鼻毛up800を100


昨日次のようにブログに書いた。


12月23日、イタリア政府による年末年始のコロナ規制強化策が発表された。

それらは:

1.屋内でのみ義務化されているマスク着用を屋外にも適用。

2.ワクチン接種証明のグリーンパスの有効期間を9ヶ月から6ヶ月に短縮。

3.映画館、劇場、スポーツ観戦、また公共交通機関を利用する際には現在使われているサージカルマスク(医療用マスク)ではなく、FFP2(防塵マスク)を使用すること。

4.現在はグリーンパスが無くても飲食できるバーやカフェ、レストランカウンターなどでもグリーンパスの提示を義務付ける。

5.屋外でのイベントやパーティーを12月31日まで禁止。

など。

12月23日、イタリアの1日あたりの感染者数が過去最悪の44595人にのぼった。

これまでの記録は2020年11月13日の40902人。

また23日の死者数は168。最近では高い数字だが、これまでの最悪記録である、やはり2020年11月13日の550人よりは大幅に少ない。

12月23日の集中治療室収容の患者は1023人、通常病棟のコロナ患者は8772人。

片や昨年11月13日の記録は集中治療室収容の患者が3230人、通常病棟のコロナ患者は30914人にものぼった。

昨年の11月にはまだワクチンはなかった。その事実は数字の高さと相まってイタリア中を不安の底に陥れた。

ワクチン接種を拒む愚民は存在するものの、今年はワクチンが普及したため人々は少し穏やかな年末年始を迎えようとしている。

しかし、クリスマスの祝祭と年末年始の賑わいを考えた場合、イタリア政府の規制策は生ぬるいと思う。

ここ数日で感染が急激に拡大し、ついには過去最悪の数字を超えた事態を軽視していないか。

感染力の強いオミクロン株が、英国を真似て跋扈しそうな雰囲気があり、とても不気味だ。


ところが1日あたりの感染者数はすぐに塗り替えられて、クリスマスイブの新規感染者数は50599人にのぼった。

英仏独などでも新規感染者の数が爆発的に増えている。

イタリアはそれらの国よりまだ増しだが、規制強化がどう考えても十分ではないように見える。

昨年、3月~5月に医療崩壊にまで陥った恐怖を、肺腑にしみて知っているはずのイタリア政府もまた国民も、緊張が長く続き過ぎて心にゆるみがきているようだ。

年末年始の賑わいが大きくなるほどに感染拡大は続くだろう。おそらく感染爆発と形容しても良いほどに。

パンデミックが終息しないのは、ワクチン接種を拒否する頑民の存在が大きい。

終息しなければウイルスは今後も変異を繰り返す。

そこを見据えて各国政府は動き出そうとしている。

つまりワクチン接種の義務化だ。

それだけで済めば良いが、事態が改善しない暁には国家権力は、反ワクチン市民への弾圧まで考える可能性がある。

権力とはそういう不快なものだ。

権力に慈悲を求めるのは、飢えた猛獣をハグしようとするくらいに愚かしい行為である。




facebook:masanorinakasone







先に見え隠れする不都合な真実

則イラスト鼻毛up800を100

2021126日、イタリアでは「スーパーグリーンパス」制度が施行された。

それ以前に効力があった「グリーンパス」は、①ワクチンを接種した者、 ②コロナから回復した者、 ③48時間以内の陰性証明がある者に与えられた。

「スーパーグリーンパス」はそこから③を除いた証明書。

古いグリーンパスは今後も有効だが、ワクチンを接種しない者は、仕事や交通機関を利用する場合以外はどこにも行くことができず、公共施設も利用できない。

一方でワクチンを接種した者とコロナから回復した者は、これまで通りレストラン、劇場、映画、コンサートなど、自由に娯楽を楽しむことができる。

それを「スーパーグリーンパス」と呼ぶのである。

実質的にワクチン未接種者をロックダウンした形、と考えてもいいだろう。

次に来るのはワクチン接種の義務化となりそうだ。

だが、今日まで頑強にワクチン接種を拒否している人々を翻意させるのは容易ではない。

反ワクチンが宗教の域にまで達している少数の過激な人々と、接種をためらっている多くの慎重派の人々を明確に区別して政治を行うべきだが、今のところ良い知恵はないように見える。

するとパンデミックはいつまでも経っても収束せず、人々の自由は制限され続ける。

誰もが自由を求めている。

ワクチン接種を終えた者も、接種を拒否する者も。

ワクチンを接種した人々が希求する自由は、反ワクチン論者も懐抱する。パンデミックを終息させて、社会全体で共に自由になろうとするものだからだ。

片や反ワクチン派の人々が希求する自由は、ワクチン接種そのものを拒否する自由という、彼ら自身の都合のみに立脚したものである。

そして彼らのその自由は、社会全体が不自由を蒙る、という断じて無視できない害悪をもたらす可能性を秘めている。

国家権力は将来、パンデミックの終焉が望めない、あるいはさらに遅れる、と判明した場合には必ずその害悪を回避しようと動き出すだろう。

その際に暴力の行使が決してないとは誰にも断言できない。

そしていま現在の世相は、国家権力がそんな不快な方向に向かうよう後押ししていると見えないこともない。

そうなれば、ファシズムの到来である。

それはだが、国家権力のみの咎ではない。反ワクチン派の人々が招く不都合な真実だ。

そうならないための鍵は、政府とワクチン未接種者双方の今後の動きの中にある。



facebook:masanorinakasone











ワクチン過激派に転じたオーストリアの活眼

則イラスト鼻毛up800を100

11月15日からワクチン未接種者をロックダウンしたオーストリアは、22日からは対象を拡大して全国民の移動を禁止する完全ロックダウンに入る、と発表した。

オーストリア政府は、およそ200万人のワクチン拒否者の国民をロックダウンするだけでは感染爆発を抑えられない、と判断したのである。

完全ロックダウンはクリスマス前まで。結果が思わしくなければ、ワクチン未接種の国民だけに再びロックダウンを掛ける予定。

オーストリア政府はまた、来年2月からは12歳以上の住民全員へのワクチン接種を義務づける方針も発表した。

実行されれば、欧州では初めての措置となる。

欧州を襲っている第4波は、東欧各国と隣接するオーストリア、またドイツ等を大きく巻き込んで急拡大している。

中でも人口が900万人に満たない小国オーストリアは、1日当たりの感染者数が1万人を超えて、医療危機を含む深刻な事態に陥っている。

そこで反ワクチン人口のロックダウンを断行し、それだけでは飽き足らずに完全ロックダウンに踏み切り、果てはワクチン接種の義務化さえ強行する計画である。

イタリアのお株を奪う初物づくしの厳格な施策のオンパレードだ。

2020年、コロナの感染爆発と医療崩壊に見舞われたイタリアは、世界初の全土ロックダウンを敢行した。前代未聞のアクションだった。

イタリアはその後も世界初や欧州初という枕詞がつくコロナ対策を次々に打ち出した。

おかげでイタリアの感染拡大は比較的に小規模で推移してきた。

しかし隣国のオーストリアは、これまでのワクチン接種率が65%に留まり、急激な感染拡大に襲われている。

オーストリアはそれを踏まえて過激な措置を連発しているのである。

ところがオーストリアの苦境は、その北隣の大国ドイツにも伝播しつつある。

そればかりではない。

過酷な全土ロックダウン以降も厳格なコロナ対策を取り続けて、困苦をなんとかしのいできた南隣の大国、ここイタリアにも波及しようとしている。

イタリアを含む欧州各国は、今このときに厳格なコロナ対策を導入して感染を減らし、少しでも平穏なクリスマスを迎えたいと画策している。

平穏なクリスマスは、旺盛なクリスマス商戦と経済興隆を呼び込む。

その意味でも万難を排して感染拡大を阻止したいのである。

だがその思惑は、ワクチンを無体に拒み続ける人々の存在によって阻害される可能性が高い。

そこで各国政府は、国民の分断をさらに深めかねないことを承知で、反ワクチン人口の封鎖やワクチン接種を義務化して危機を乗り切ろうとしている。

それが功を奏するかどうかは、ワクチン接種をためらう人々のうちの一定数が翻意して、接種会場に向かうか否かにかかっている。

ワクチンの接種を義務化しても、彼らの家に押しかけたり引きずり回したりして注射を打つわけにはいかない。

中国や北朝鮮などに始まる、世界のならず者国家でなら朝飯前だろうが。

結局、彼らを説得する以外には道はないように見える。

それでも敢えて反ワクチン派の住民をターゲットに厳しい措置を取らなければならないところに、コロナ対策の険しさがある。

オーストリアは欧州各国に先駆けて敢えて過酷な選択をした。僕はその決断を支持し施策の成功を腹から祈ろうと思う。




facebook:masanorinakasone









自由な人々には自らをロックダウンする自由もある


山荘への道2021-10月800

イタリアのワクチン接種は順調に進んでいるが、数日来新規の感染者が増えている。

早めに接種を済ませた人々の発祥予防効果が薄れ出したこと。

ワクチン未接種の人々の感染増加などが原因と見られている。

欧州全体が似通った状況になっている。

反ワクチンの立場が宗教の域にまで達している者や、これを煽る極右の政治勢力はさておいて、ワクチンに懐疑的な人々が未だに多いのは不思議だ。

彼らを説得できない政治が悪いのか、彼ら自身がヘンなのか。

たぶん両方なのだろう。

ワクチン接種は個人の自由意志によるべきだ。

民主主義社会では個人の自由が何よりも大切であることは論を俟たない。

だがその個人の自由を担保する「自由な社会」そのものが、コロナによって破壊されようとしているのが今の現実だ。

もしも未接種の人々のせいでコロナが収束しない、と科学的に証明されるなら、それらの人々には「自由意志で」彼らだけのロックダウンに入ってもらうのが筋だろう。

だが、むろんそれだけでは問題は解決しない。




facebook:masanorinakasone





記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

なかそね則

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ